酵素サプリ,好転反応とは

酵素サプリの好転反応について調べていきました。

 

酵素サプリ,好転反応とは

 

好転反応とは?

 

好転反応とは、体の中から毒素が排出されるときに伴う症状のことです。副作用の一種とも考えられますが、好転反応は体が健康的になっていく過程で起こる反応ですので、悪いものではないです。

 

生活に支障が出るなどの大変な好転反応には、頭痛やめまい、吐き気、さらには発熱などがあります。
また、吹き出物が出る、鼻水や湿疹が出ることもあります。
下痢になる、便の量が増えるという場合もあります。肩こりや筋肉痛を感じる場合もあります。一般的な体の不調といわれる症状がでます。

 

酵素サプリ,好転反応とは

 

 

酵素サプリをとると?

 

酵素サプリをとることで、体内に変化が起きます。ダイエットにより固形物の摂取が減るために、体内で消化酵素を作る必要がなくなり、体は代謝酵素を作ることに専念できるようになります。
すると、体内の修復が活発に行われるようになり、ため込んでいた毒素が排出されることになります。

 

この過程が起きるときに、好転反応が起こると考えられます。ファスティングを行ったときなどにも似たような反応が出ることがありますが、あれも体に食物が入ってこないことで、体が代謝酵素を作る方向へ働き、体の毒素が排出されて、真黒な便が出るなど好転反応を起こします。

 

酵素サプリ,好転反応とは

 

水分不足には気を付けて。

 

酵素サプリをとるとお腹が痛くなったり、お腹が張ったりする場合が多くありますが、これは好転反応である場合と水分不足による場合が考えられます。
好転反応である場合には心配ありませんが、酵素が働いていく過程でガスが発生し、お腹の中にガスがたまるとお腹が張ります。

 

代謝の方に水分が使われることにより、腸の内の水分量が減少し、便も固くなる傾向にありますので、酵素サプリを飲むときには、水分の摂取も十分に行うといいでしょう。
ダイエット中にはお水を一日2L飲むといいと言われていますので、一緒に実践するとより効果的かもしれません。

 

 

酵素サプリの好転反応とは

 

 

まとめ

 

酵素サプリによる好転反応を調べていきました。好転反応は一時的なものであるので、心配は要りませんがあまりに長く続くようであれば、サプリの服用をやめて、様子をみてください。お医者さんにいくこともいいでしょう。
好転反応は数日から1週間くらいで収まることも多い様子です。
三週間ほど続く人もいます。
あまり長く不調が続くようであれば、別の原因が考えられますので、無理はしないようにしましょう。

 

酵素サプリ,好転反応とは

 

トップページへ