酵素サプリ,ダイエット

食物酵素の種類と食品酵素の正しい摂取方法

最近、テレビや雑誌をはじめ多くのメディアで「酵素」が取り上げられるようになりましたよね。酵素食品や酵素ドリンク又はサプリメントなど数多くのものが発売されています。

 

酵素にはダイエット効果、美容効果、アンチエイジング効果などがあるということを漠然と知っている方は多いと思いますが、普段私たちが食べて摂取する食物酵素には種類があって、それぞれ効果が異なるということもご存知でしょうか?

 

食品から酵素を取り入れようと思う場合、どんなものを食べたら良いのでしょうか?酵素を多く含んでいる食品を紹介します。

 

 

酵素サプリ,ダイエット

 

 

食物酵素の種類

 

◇果物◇
果物は酵素を多く含む食品です。さらに、加熱せずにそのまま食べることができるので、酵素をしっかりと補給できます。
中でも酵素を多く含んでいるのは、バナナ、キウィ、パイナップル、パパイヤです。キウィやパイナップルを食べると、強い酸味があり口に痛みを感じることがありますが、これはタンパク質を分解する酵素「プロテアーゼ」の作用です。

 

◇野菜◇
野菜にも酵素を含んでいるものがありますが、酵素は熱に弱いので生で食べるようにしましょう。酵素を多く含む野菜は、ブロッコリー、大根、きゅうり、人参、スプラウトなどです。大根にはデンプンを分解するアミラーゼという酵素が含まれていて、キュウリには脂肪分解酵素が含まれています。

 

◇発酵食品◇
発酵食品は健康にも良いですし、豊富に酵素を含む食品なので積極的に食べるようにしたいですね。味噌、チーズ、キムチ、ヨーグルト、納豆、それからアルコール類も発酵食品ですナットウキナーゼという納豆に含まれる酵素には、血液をサラサラにする効果があります。

 

◇酵素サプリ・酵素ドリンク◇
食品から十分な量の酵素を取り入れようとすると、多量の食事を摂らなければならなくなります。サプリやドリンクなら、手軽で簡単に酵素が補給できるので人気があります。

 

 

酵素サプリ,ダイエット 酵素サプリ,ダイエット

 

 

食品酵素の正しい摂取方法は?

食品酵素を摂取する場合、どうすれば効率的に取り入れることができるでしょうか?

 

◇熱を通さず生で食べる◇
上でも説明しましたが、酵素は熱に弱いという性質があります。50度?60度ほどの温度で死滅してしまうので、煮たり焼いたりはもちろんのこと、食品にお湯をかけたりレンジで温めたりすると酵素は破壊されてしまいます。果物や野菜はそのまま食べる、魚は刺身で食べると良いですね。

 

◇食べる直前に切る・切りながら食べる◇
野菜や果物を切ったまま置いておくと、酵素の量が減ってしまうと言われています。野菜や果物は食べる直前に切るか、切りながら食べるか、いっそ丸かじりすると効率的に酵素が摂取できますね。

 

◇すりおろす◇
切ったままにしておくと減ってしまう酵素ですが、すりおろすとパワーアップすると言われています。大根やリンゴなどはすりおろして食べるといいでしょう。ただ、すりおろした場合もそのまま放置してしまうと酵素は減ってしまいます。食べる直前にすりおろすようにすると良いでしょう。

 

 

酵素は生きていく上で必要不可欠

 

酵素は、人が生きていく上で必要不可欠のものです。これらが不足することによりダイエット・美容・健康に悪い影響がもたらされてしまいます。
逆にしっかり酵素を補給することにより基礎代謝を高める事ができその結果、痩せやすい体質づくりができます。、それに新陳代謝が高まることによりお肌の生まれ変わりも促進されキレイなお肌に導いてくれます。
それに便秘が解消されお腹ポッコリの解消・美肌効果なども期待できます。

 

酵素サプリ,ダイエット

 

トップページへ